プレゼンひろば

4月23日のプレゼンひろば

プレゼンひろば特別週間3日目は、人間総合科学研究科芸術専攻の赤木紗菜さんによる「地域の建物を利用したアートプロジェクト」です。 明日から最終日の25日までは、中央図書館学生サポートデスクで学習相談を行うラーニング・アドバイザーの皆さんがプレゼンを行います。どうぞ奮ってご参加ください。 18時半より中央図書館エントランスホールにて、お待ちしております。

【ご報告】4月22日のプレゼンひろば

4月22日のプレゼンひろばは、リスク工学専攻D3の佐藤良太さんによる「あの時、何があったか?」―東日本大震災における路線バス運行現場の災害時対応― でした。 東日本大震災の教訓を統計データだけではなく、 現場の人の生の声を集める質的研究のお話しでした。 津波から路線バスを守ったバス事業者の話しで、 メディアが報じたエピソードと 質的研究にて明らかになったエピソードに違いは興味深いものでした。 新しい研究手法に出会えるのもプレゼンひろばの良さの一つだと、 実感したプレゼンでした。 引き続き明日も開催します。ぜひお越しください。

4月22日のプレゼンひろば

今週は特別週間!プレゼンひろば、毎日開催いたします。 2日目である4月22日のプレゼンひろばは、リスク工学専攻の佐藤良太さんによる 「あの時、何があったか?」―東日本大震災における路線バス運行現場の災害時対応― です。 18時半より中央図書館エントランス前にて、お待ちしております。 お気軽にお越しください。

【ご報告】4月21日のプレゼンひろば

DSCN3550 4月21日のプレゼンひろばは、歴史・人類学専攻D1の伊藤敏さんによる「紋章の歴史学―「色」と「かたち」でみる西洋の歴史」でした。 紋章の起源から始まり、模様の意味や色の特徴、さらにはそれらから見えてくるヨーロッパの歴史まで、 示唆に富んだ興味深い話をしていただきました。 紋章というミクロなものから、西洋の歴史というマクロなものが見えてくるのは面白いですね。 途中のクイズや最後に配布された参考文献リストなど、来場者を飽きずに楽しませてくれるプレゼンでした。 伊藤さん、ありがとうございました。 今年度最初のプレゼンひろばということでスタッフもドキドキしていましたが、30人近い方々にお越しいただきました。 ご来場くださった皆様、誠にありがとうございました。

4月21日のプレゼンひろば

【明日からは特別週間!】 プレゼンひろば、明日から5日間は毎日行います! 明日4月21日(月)は、歴史・人類学専攻D1の伊藤敏さんによる「紋章の歴史学―「色」と「かたち」でみる西洋の歴史―」です。 中央図書館エントランス前にて、18時30分開始です。 ぜひお越しください。

プレゼンひろば 特別週間(4/21~4/25)

普段は隔週金曜日の夕方に行われている「図書館 夜のプレゼンひろば」が特別週間を実施!期間中は毎日開催されます。 色々な研究分野の大学院生が、日替わりで異分野の方に分かりやすく自分の研究を発表。発表の後は参加自由のフリーディスカッションを実施します。 また4月23日(水)から4月25日(金)の3日間は、中央図書館学生サポートデスクのラーニング・アドバイザーの方々がプレゼンターとして登場します。普段、学習相談に載ってくださるアドバイザーの方々がどのような研究をしているのか聞くことができる数少ない機会です。 大学院生の研究に触れてみたい方、様々な分野の大学院生と出会ってみたい方、ぜひお気軽にご参加ください! ■日時:4月21日(月)から25日(金)までの5日間、18時半~19時半 ■場所:筑波大学附属中央図書館エントランスホール(スタバ前) <プレゼンター> 4月21日(月)伊藤敏さん(人文社会科学研究科) 紋章の歴史学 -「色」と「かたち」でみる西洋の歴史― 4月22日(火)佐藤良太さん(システム情報工学研究科) 「あの時、何があったか?」-東日本大震災における路線バス運行現場の災害時対応- 4月23日(水)赤木紗菜さん(人間総合科学研究科/ラーニング・アドバイザー) 地域の建物を利用したアートプロジェクト 4月24日(木)坂井彩希さん(人間総合科学研究科/ラーニング・アドバイザー) 「若い」親に対する子育て支援 4月25日(金)山本祥子さん(図書館情報メディア研究科/ラーニング・アドバイザー) メディアは語る ~浮世絵に見る明治期の女子礼法教育~ 10157120_501357716642741_4657221882501739761_n

T-ACT表彰式において「プレゼンひろば」が優秀賞を受賞しました。

2014年3月24日、T-ACT(つくばアクションプロジェクト)の表彰式において、「プレゼンひろば」が優秀賞を受賞しました。これは、図書館夜のプレゼンひろばの継続的な実施及び、駅前キャンパスの活動が併せて評価されたものです。 プレゼンターとして参加してくださった方々や、プレゼンを聴きに来てくださった方々、企画をサポートしていただいている中央図書館の皆様のおかげで受賞することができました。関係していただいた多くの方々に感謝いたします。 1512291_271798772995735_1261859600_n

【ご報告】2月7日のプレゼンひろば

2014020718420000 2月7日のプレゼンひろばは、生物科学専攻M2の秋山茉莉花さんが 「見えた!を研究に。研究を見えた!に。 〜藻類の観察とサイエンス・コミュニケーションの話〜」について 発表してくださいました。 前半はご自身の研究内容についてお話しされ、 私たち動物にはない「光合成」という特別な能力を、 様々な植物・藻類がどのように獲得をしてきたのか、 "クロララクニオン藻"というちょっと変わった生物から明らかにしていくお話を伺いました。 後半は、これまで秋山さんが関わってきた様々なサイエンスコミュニケーション活動について 振り返り、その思いを語って頂きました。 今年度のプレゼンひろばはこれで最後となりますが、 また4月から皆さんと楽しい時間を共に過ごせることを楽しみにしております!

2月7日、今年度最後のプレゼンひろば

2月7日(金)のプレゼンひろばは、生物科学専攻M2の秋山茉莉花さんによる 「見えた!を研究に。研究を見えた!に。 〜藻類の観察とサイエンス・コミュニケーションの話〜」です。 今年度のプレゼンひろばは、今回で最後になります。 是非お越しください。 ーーーーーーーーーーーー 2月7日金曜日 18時30分〜 中央図書館エントランス ーーーーーーーーーーーー

【ご報告】1月24日のプレゼンひろば

1月24日のプレゼンひろばは、 数理物質科学研究科 D1の田口真彦さんによる「量子力学の不思議と驚き〜最先端テクノロジーがから生命システムまで〜」でした。 次回は今年度最終回、2月7日(金)18時半より中央図書館エントランスホールにて開催されます。お時間がございましたらぜひお越しください。

1月16日のプレゼンひろば

1月16日(木)のプレゼンひろばは、ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻D1の田口真彦さんによる“量子力学の不思議と驚き ~最先端テクノロジーから生命システムまで~”です。 今回のプレゼンひろばは木曜日の開催となりますので、普段金曜日ご都合が合わない方もぜひお越し下さい。 1月16日(木)18時半より、中央図書館エントランスホールにてお待ちしております!

【ご報告】1月10日のプレゼンひろば

1月10日のプレゼンひろばは、 人文社会科学研究科 歴史・人類学専攻M2の伊藤敏(いとう びん)さんによる「軍事技術と歴史学〜ミクロからマクロな視点へ〜」でした。 「歴史」と「歴史学」の違いとは何かという設問から始まり、その後中世の軍事装備から歴史を読み解いていく伊藤さんの語りに、皆引き込まれていました。 次回は、金曜授業日程である1月16日(木)18時半より中央図書館エントランスホールにて開催されます。お時間がございましたらぜひお越しください。 写真 2 写真 3

1月10日のプレゼンひろば

1月10日のプレゼンひろばは、歴史・人類学専攻M2の伊藤敏(いとう びん)さんによる「軍事技術と歴史学〜ミクロからマクロな視点へ〜」です。 プレゼンひろばでは、スライドを使って発表される方が大半です。 しかし今回、伊藤さんは手書きの絵を使って発表してくださいます。 内容はもちろん、そのクオリティの高い絵にも注目です! 1月10日(金)18時半より、中央図書館エントランスホールにてお待ちしております。

【ご報告】12月13日のプレゼンひろば

12月13日のプレゼンひろばは、 人間総合科学研究科看護科学専攻M2の堀江久樹さんによる「小児がん経験者の支援 〜闘病生活とその後〜」でした。 ご自身も小児がん経験者である堀江さん。 ご自身の体験を交えながら、病気を抱えている子どもたちの支援について様々な角度からお話してくださいました。 病気を抱えている人は「弱者だけど、かわいそうじゃない」。その人なりに一生懸命生きているんだ、というメッセージが一番心に残りました。 今年のプレゼンひろばは終了いたしました。一年間ありがとうございました。 来年もよろしくお願いいたします。

12月13日のプレゼンひろば

12月13日のプレゼンひろばは、人間総合科学研究科看護科学専攻M2の堀江久樹さんによる「小児がん経験者の支援 ~闘病生活とその後~」です。 プレゼンひろばにおいて、看護科学がご専門のプレゼンターは今回が初めてです。看護分野の研究は、普段なかなか聞く事ができず、今回は貴重な機会だと思いますので、ぜひたくさんの方々にお越しいただければと思います。 18時半より、中央図書館エントランスホールにてお待ちしております。 ※facebookでも情報を更新しておりますので、ぜひご覧ください。

プレゼンひろば

夕方のプレゼンが隔週ではありますが、レギュラー化いたします。 企画名は「プレゼンひろば」です。 研究プレゼンを通して異分野の人々が交流できる場を目指していきます。 レギュラー化、1発目は今週末です。 是非、お越しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー ひにち:6月7日 じかん:18時30〜 ばしょ:附属中央図書館エントランス ーーーーーーーーーーーーーーーーー

MMI休止のお知らせ

!!【重要なお知らせ】!! MMIは今週5月13日の回をもちまして、一旦お休みさせていただきます。ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご容赦ください。これまで、お越しいただいてだ皆様、発表をしていただいた皆様、大変感謝いたしております。ありがとうございました。 不定期ではありますが、夕方特別版(仮称)はこれからも継続致します。日程が決まり次第、お知らせいたします。 今後ともMMIならびに他のTGNの活動へのご支援をよろしくお願いいたします。

5月13日(月)のMMIは?

5月13日のMMIの発表者が決まりました。 次回MMIは、 数理物質科学研究科 電子・物理工学専攻、核融合学の横山拓郎さんによる 未来のエネルギー“人工太陽”を実現する! 〜海水から無限のエネルギーを作る研究〜」です。 いつもの通り、朝8時から中央図書館エントランスホールにて。お待ちしてます。   MMIでは発表者を募集しています。
発表者 学生(院生でも学群生でも)
内容 自身の研究発表
時間 30分程度(15分プレゼン+15分ディスカッション)
場所 筑波大学附属中央図書館 入口
対象 異分野の方(院生、教員、職員などなど)
興味のある方は問い合わせフォームからどうぞ。

附属図書館ラーニング・アドバイザーによるMAINICHI Morning Institute!4月22日~26日

4月22日~26日は、春のMMI特別週間です! 月曜日から金曜日まで5日間連続でMMIを行います。 今回のプレゼンターは附属図書館ラーニング・アドバイザーの5名の方です。 ラーニング・アドバイザーとは、中央図書館2階の学生サポートデスクにて、 図書館の使い方や学習全般に関して相談を受け付けている院生です。 (ラーニング・アドバイザーについて、詳しくはこちら) いつものように、朝8時、中央図書館エントランスにてお待ちしています! MAINICHI Morning Institute 2013 の ポスターはこちら ―――――― <プレゼンター&タイトル一覧> 22日(月) 「マトリョーシカ生物! クロララクニオン藻の細胞分裂における『核』と『葉緑体』の協調関係」 23日(火)「留学生の外国語なまりは直すべき?」 24日(水)「空気で元気!?」 25日(木)「『未履修問題』とは何だったのか」 26日(金)「『笑う門には福来る』のか?」 ―――――― 日にち 4月22日(月)~26日(金) 時間 8:00~8:50 プレゼン時間は15分、残りはディスカッションタイム (1限前に抜けられます) 場所 中央図書館エントランス  スタバ前 (8時に入り口の鍵が開きます)

4月19日(金) もう一度!夕方MMI

4月最初のMMIは、前回大好評だった夕方版でお送りします! プレゼンターは数理物質科学研究科D1の栗之丸 隆章さん。 タイトルは「酵素超活性化現象 -がん診断への挑戦-」です。   朝が苦手な方もこの機会にお誘いあわせの上、お越しください。 また、今年度は月に一度のペースで夕方版を行う予定です。お楽しみに! MMI終了後は交流会を兼ねて食事に出かけます!!(夕方版のみ) ―――――― 日時:19日(金)18時15分〜19時 場所:中央図書館エントランス (スタバ前)

2月22日金曜日は夕方MMI!

2月22日金曜日18時15分から 実験的にMMIの夕方版をやることに決定しました。 いつものMMIは朝早すぎて参加できていない皆さん、チャンスですよ。   プレゼンは数理物質科学研究科D1 物理学の尾澤岬さんによる 「球を敷き詰めることを通じて考える秩序と無秩序」です。 場所はいつもの通り、中央図書館エントランスホールです。お待ちしてます。 ーーーーーーーーーーーー 夕方版MMI 2月22日金曜日 18時15分〜19時 中央図書館エントランス (スタバ前) ーーーーーーーーーーーー       また、MMIでは発表者を募集しています。
発表者 学生(院生でも学群生でも)
内容 自身の研究発表
時間 30分程度(15分プレゼン+15分ディスカッション)
場所 筑波大学附属中央図書館 入口
対象 異分野の方(院生、教員、職員などなど)
興味のある方は問い合わせフォームからどうぞ。

2月18日のMMIは?

2月18日のMMIの発表者が決まりました。 次回MMIは、人間総合科学研究科D1 体力学、運動生理学の白井祐介さんによる 「がんばっていきまっしょい〜ボート競技とスポーツ科学〜」です。 いつもの通り、朝8時から中央図書館エントランスホールにて。お待ちしてます。   そして、MMIでは発表者を募集しています。
発表者 学生(院生でも学群生でも)
内容 自身の研究発表
時間 30分程度(15分プレゼン+15分ディスカッション)
場所 筑波大学附属中央図書館 入口
対象 異分野の方(院生、教員、職員などなど)
興味のある方は問い合わせフォームからどうぞ。

次回、1月28日のMMI

1月28日は、大学で久しぶりの月曜日ですね。 次回MMIは、人間総合科学研究科D2 スポーツ栄養学の服部聡士さんによる「運動するならご飯を食べよう-体重計を嫌いになっても、ご飯は嫌いにならないで下さい!-」です。 ちょっと早起きして、健康について考えてみませんか? いつもの通り、朝8時から中央図書館エントランスホールにて。お待ちしてます。   そして、MMIでは発表者を募集しています。
発表者 学生(院生でも学群生でも)
内容 自身の研究発表
時間 30分程度(15分プレゼン+15分ディスカッション)
場所 筑波大学附属中央図書館 入口
対象 異分野の方(院生、教員、職員などなど)
興味のある方は問い合わせフォームからどうぞ。