今年もやります!院生プレゼンバトル2013

学群生のみなさん、
大学院生がどんな研究をしているか、知っていますか?
 
大学院生のみなさん、
学群生や一般の方に対して、あなたがどんな研究をしているか、わかりやすく伝えられますか?

院生プレゼンバトルは、大学院生による研究プレゼンテーションのNo.1を選ぶ企画です。

様々な研究科や学群・学類を有する筑波大学では、様々な分野の最先端の研究が行われています。

しかし、このような研究の成果は、普段の生活ではなかなか知ることはできません。
特に、自分の所属と遠い分野であればあるほど、どんなことを研究しているのか知る機会は少ないというのが現状です。

また、近年、科学コミュニケーションなどのことばに代表されるように、
科学者・研究者が一般の人にもわかりやすく研究内容を伝えるスキルが求められています。

これは、大学での研究に携わる大学院生にも当てはまります。
しかし、学群生や一般の方はもちろん、大学院生同士ですらもお互いの研究を伝える機会は、そんなに多くはありません。

しかも、研究プレゼンテーションを「ただ聞く」だけなら、興味のある分野の学会に行けばいいじゃない・・。

そこで私たちは、「院生プレゼンバトル」と称して、2011年度から研究プレゼンテーションスキルの向上学術交流を図る企画を運営してきました。

3回目となる今回は、
10月19日(口頭発表部門予選)と、11月3日〜4日(ポスター発表部門、口頭発表部門本戦)の日程で、

大学院生による研究発表会を行うだけでなく、来場者も審査員として参加できるイベントを開催します。

プレゼンターとして参加する大学院生は、自分自身が日頃行なっている研究についての発表を行います。
ここでは、学群生や一般の方にもわかりやすく、そして、魅力的な研究プレゼンテーションが求められます。

来場者は、大学院生の研究プレゼンテーションを見聞きするだけでなく、
その場で質問が可能な上、審査員として投票もおこないます。

そして投票の結果、特に優秀だったプレゼンターが表彰されます。

院プレティーザー

← 大学構内の各所にこんなポスターが貼られています!

制作: 田中みさよ