【ご報告】7月4日のプレゼンひろば

DSC_0210

7月4日のプレゼンひろばでは、
人文社会科学研究科哲学・思想専攻博士後期課程の兼子直也さんによる、
『言葉を通じて見える世界、見えない世界—ナーガールジュナの思想—』と題したプレゼンテーションが行われました。

今回のプレゼンでは、インド仏教の僧、ナーガールジュナの思想を噛み砕いて説明していただけました。
「あり方が決まったものは変化しないものである。しかし現実にはすべてのものは変化するものである。ゆえに、あり方が決まったものはない」や、
「ありのままの世界は分析的に思考できない」など、興味深い思想であったと思います。

質疑応答では、「なぜ名前がつけられるかに注目した研究はあるか」や「言葉を通じて表現できないことの具体例はなにか」、
「現代の哲学者は新しい理論をつくっているのか」など、多数の質問にひとつひとつ答えていただけました。

兼子直也さん、お忙しい中プレゼンをしてくださり、ありがとうございました。
そして、プレゼンひろばにきてくださった皆様、誠にありがとうございました。

2014年度上半期プレゼンひろばは、今回7月4日が最終回でした。
下半期も計画しておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
皆様のご来場をこころよりお待ちしております。